自分に合ったペット火葬や供養

自分に合ったペット火葬や供養

自分に合ったペット火葬や供養 飼っていたペットが亡くなった時、その供養や埋葬方法について頭を悩ますといったケースは少なくありません。近年のペットブームにともない、多くのペット専門葬儀社がありますが、どの葬儀社に依頼するのかについても考えなければなりません。しかしなによりも大事なことは自分に合ったペット火葬や供養を行うということです。例えば、ペット火葬に関してはどのような手段で火葬を行うかが問題となります。
ペット専門の火葬場が設置さえている場所で行うか、あるいは移動火葬車をお願いして自宅近くで火葬することになるのです。自分の友人や親戚にも一緒にペットへのお別れをしてほしいという場合には、自宅で葬儀を行い、そのまま自宅近くで火葬を行うことが一般的な手段と言えます。また、埋葬に関しても遺骨をお墓に納骨する方もいれば、自宅に保管しておく方など様々です。このように様々な葬儀方法がありますので、葬儀社に依頼する前に果たしてどの手段が自分に一番合った手段であるのかをよく考えなければなりません。

ペット火葬の手続きをする際には死亡届の提出を忘れないようにしよう

ペット火葬の手続きをする際には死亡届の提出を忘れないようにしよう ペット火葬を終えるまでの過程の中では、ペットの種類によっては人間の葬式と同じように行政への届出が必要となることがあります。例えば、飼っていた犬が死んでしまった場合は、死んだ日から30日以内に現在住んでいる自治体の役場で死亡届を提出しなければなりません。これは狂犬病予防法と呼ばれる法律に基づいて義務付けられているものであり、提出しなかった場合は20万円以下の罰金に処されることがあります。ペット火葬を終えてからでも十分に間に合うので、届出は速やかに済ませておきましょう。
死亡届は、役場に備え置かれているほか、住んでいる自治体のWebサイトから様式をダウンロードすることもできます。届出書の様式は自治体ごとに異なりますが、届出人の氏名および電話番号、登録された年度と番号、死亡した日付、犬の名前・性別・毛色の記載欄は必ずあるので、記載漏れが無いようにすべて記入しましょう。
なお、届出書の提出時には鑑札や注射済票などを返却しなければなりませんが、役場によっては何らかの形でのこしてくれることがあります。犬との思い出を大切にのこしておきたい場合は、職員に相談してみると良いでしょう。