ペット火葬を行う際の棺桶

ペット火葬を行う際の棺桶

ペット火葬を行う際の棺桶 最近はペットもきちんとお葬式を行い、最後のお別れをすることも増えてきています。人間が亡くなった時に火葬するようにペット火葬を行うことも可能ですが、その時には棺桶は必要なのでしょうかそれとも不要なのでしょうか。どうせ燃やしてしまうのだからわざわざ人間のように用意することもない、と考えるかもしれませんがペット火葬も人間の火葬と同じように、火葬する時の守るべきマナーというものがあります。
火葬する際に支障がある素材を使用してはいけないという事もありますし、お骨上げが困難になるような素材もNGです。手軽に用意できて安価な段ボールなら、容易に燃えるので適していると思うかもしれませんが、これは不適格な素材だということです。生前愛用していた毛布やタオルケットに包んで送ってあげたいという飼い主さんもいるかもしれませんが、これも好ましくありません。一番良いのは、ペット火葬の業者さんが用意してくれる棺桶を利用することです。これを利用すれば火葬することやお骨上げに支障が出ることもありませんし、きれいにお花で飾ってあげるなど最後のお別れを心おきなく行うことが出来るはずです。

ペット火葬したあとのお骨はどうするのか?

ペット火葬したあとのお骨はどうするのか? 近年はペットもひとりの家族として扱われるようになり、お葬式を執り行う家庭も増えてきました。ペット火葬を行った場合、その後お骨はどうするのが良いのでしょうか。昔はペットの死骸を庭先に埋めるなどの方法がとられていましたが、現代では供養の意味もあるためペット火葬後の処置も変化しています。
まずお骨を自宅に保管するというケースがあります。これは人間と同じようにペットの仏壇をかまえ、そこに骨を安置するというものです。現代ではペット用の仏壇が販売されており、珍しいものではなくなっています。人間は勝手に遺骨を埋葬する事は法律で禁じられていますが、ペットにはそのような規制がありません。
もしくはペット火葬を行ったあとに、霊園にそのままお墓をつくるという場合もあります。ペット霊園はかなり昔から存在しており、現在ではより整えられた形で埋葬する事が可能です。希望によっては命日にお経をあげることも出来ます。ペットとの思い出を大切にしたいという思いは、飼い主であれば誰でも同じといえるでしょう。