ペット火葬の準備をするにあたっての流れを知ろう

ペット火葬の準備:保健所に連絡する場合

ペット火葬の準備:保健所に連絡する場合 ペットは人と違い、法律上は「物」として扱われます。
そのため、人間の場合に必要な仮装許可や埋葬許可は不要で、基本的には遺体を庭先に埋葬することも可能です。
ペットの遺体は一般廃棄物に該当するので、ゴミと一緒に出すことも出来ます。
しかし、今まで共に生活してきたペットをしっかりとした形で送り出してあげたいという人が多いでしょう。
そこで、ペット火葬の一つの方法として挙げられるのが保健所で火葬することです。
ペットが無くなったらできるかぎり早急に準備をしてください。
まずは、保健所に連絡をしてペットの遺体を引き取ってもらいます。
この場合は合同火葬方式で骨が帰ってこないことが多く、国の施設でペット火葬をする為、無宗教であることがほとんどです。
手数料は2000円から5000円程度で、どのような方式で行っているかは市区町村によって違いがあるため、事前に確認しておきましょう。
ペット火葬には様々な方法があるため、よく調べてから利用することをおすすめします。

ペット火葬の準備をするなら葬儀業者への連絡から

ペット火葬の準備をするなら葬儀業者への連絡から 近年、ペットブームが再燃しています。
マンション住まいであってもペットを飼う人が増加しており、当然ペットの数も右肩上がりに増え続けているのです。
ペットを飼う以上、避けられて通れないことがやがて訪れるペットとの別れです。
ペットが亡くなった場合、その亡骸は適切に処理しなければなりません。
放置しておくと亡骸は腐敗していき、ある意味虐待となってしまいます。
最近ではペットの亡骸を火葬する人は少なくありません。
ペット火葬後は専用のお墓に納骨する、あるいは自宅にて保管することになります。
ペット火葬の方法や専門業者も増えており、その選択肢に困ることはないでしょう。
さて、ペット火葬を行う場合、その準備にはまず葬儀業者への連絡を行う必要があります。
対象となる動物が火葬可能な種類であるのか、火葬場あるいは移動火葬車のいずれで行うかなど事細かに業者の担当者とやり取りしていく必要があるのです。
とにかく自分が一番納得いく方法で火葬を行い、ペットを供養することが重要です。