ペット火葬の準備をするにあたっての流れを知ろう

犬や猫などのペットが亡くなると、ペット火葬の専門業者に依頼したい人が増えています。
専門業者は近隣住民に迷惑が掛からないように、煙が出ないように配慮をしていますし、遺骨や遺灰を納めるための骨壺などを準備してくれます。
優良な専門業者を選ぶと悲しみに沈んでいる飼い主さんに配慮をしており、心を込めて供養をしてくれます。
地元で評価の高い専門業者を選ぶと、急にペットが亡くなった時も迅速で丁寧な応対が特徴です。

ペット火葬をするための準備は万全に

ペット火葬をするための準備は万全に 犬や猫などのペットは、大切な家族の一員なので寿命がきて亡くなると、ペット火葬を依頼して手厚く供養をしてあげたい人がほとんどです。
優良な専門業者を利用すると、近隣住民に迷惑が掛からないように煙が出ないですし、遺骨や遺灰を納めるための骨壺などを準備してくれます。
ペット火葬の専門業者は必要な物を事前に準備をしてくれますし、親切で丁寧な応対が特徴です。
以前は自宅の庭に埋めてあげる人が多かったですが、現代はペットも火葬を行うのが主流になっています。
ペット火葬の専門業者のスタッフは、悲しみに沈んでいる飼い主さんに配慮をしており、心を込めて供養をしてくれます。
遺骨や遺灰を受けとることができるので、手厚く葬ってあげて下さい。

ペット火葬の流れと前もって準備しておくこと

ペット火葬の流れと前もって準備しておくこと ペット火葬の流れについて解説します。
まずペットが亡くなった後は、なるべく涼しい部屋でバスタオルなどの上に寝かせましょう。
その際に頭の部分にタオルを敷いておきます。
次にアイスノンやビニール袋に入れた氷をタオルにまいてお腹と首の部分に当て準備をします。
ペット葬儀社への連絡は人間の場合と同じように24時間受け付けていますので、良いタイミングを見計らって電話で連絡を入れましょう。
その後直接来園するか葬儀社に迎えに来てもらいます。
ご家族立会いのもと納棺を行い、最後のお別れをします。
葬儀社によってはきちんとお坊さんによって葬儀が執り行われる場合もあります。
ここまでの流れは人間の場合とそれほど変わりません。
人間と大きく異なるのは火葬の方法です。
ペット火葬では合同火葬と個別火葬、そして家族立会いの火葬、火葬車による出張火葬などの方法から選ぶことができます。
ペットは人間とは異なり、火葬における法律の規制がないため、このようないくつかの方法から選ぶことができます。
それぞれの都合に合わせて火葬方法を選ぶと良いでしょう。
なお合同火葬の場合は最後の収骨を行うことができません。
その後、希望に応じて供養・納骨と続いていきます。

ペット火葬関連リンク

ペット火葬 江戸川区